ビザ(VISA)と在留資格の違い

ビザ(VISA)と在留資格の違いビザ(VISA)と在留資格の違い

 

 「就労ビザ」

 「留学ビザ」

 「結婚ビザ」

 日本で働きたい外国人や、日本の学校に留学したい外国人、日本人と結婚した外国人は、このような「○○ビザ」という言い方をよくします。

 ただ、こうした外国人が使っている「○○ビザ」という言い方は、実は日本の法令上正式な言い方ではありません。正確には「在留資格」と言います。

 

1.ビザ(VISA)と在留資格は違うもの

 「ビザ(VISA)」と「在留資格」の詳しい説明はさておき、そもそも両者には次のような違いがあります。

 まず、「ビザ(VISA)」は外務省(日本国大使館又は領事館)から発給されますが、「在留資格」は法務省(入国管理局)から与えられますので、両者の管轄が異なります。

 また、「ビザ(VISA)」は外国人が日本に入国するために必要なものですが、「在留資格」は外国人が日本に入国した後に適法に日本に滞在するための資格となります。

 それに、そもそも「在留資格」の英訳は「Status of Residence」であり、「VISA」ではありません。

 このように、「ビザ(VISA)」と「在留資格」は違うものなのです。

 

2.もう少し踏み込んだビザ(VISA)と在留資格の違い

 そもそもビザとは「査証(さしょう)」の英訳で、日本へ入国するための推薦状のようなもののことをいいます。日本で働きたい外国人や日本の学校に留学したい外国人などは、日本の入国管理局から発行された「在留資格認定証明書」(※この証明書の発行には別途日本国内での手続が必要です)というものを入手した後、自分たちの外国居住地を管轄する日本国大使館又は領事館へ査証(ビザ)申請をします。この査証(ビザ)は1週間程度で発給され、パスポートに貼り付けられます。そして、査証(ビザ)という推薦状を持って日本に入国することになります。

 ここで、日本で働きたい外国人や、日本の学校に留学したい外国人、日本人と結婚した外国人などがよく使っている「就労ビザ」「留学ビザ」「結婚ビザ」の「ビザ」には「査証」という意味はありません。正確には「就労の在留資格」「留学の在留資格」「結婚の在留資格」という意味になります。

 この「在留資格」ですが、、日本にいる外国人は、日本での活動内容や目的などによって、「出入国管理及び難民認定法」という法律に定められた「在留資格」のどれかが法務省(入国管理局)から付与されます。例えば、日本で働きたい外国人には「技術・人文知識・国際業務」などの在留資格が、日本の学校に留学したい外国人には「留学」の在留資格が、日本人と結婚した外国人には「日本人の配偶者等」などの在留資格が、それぞれ与えられることになります。

世界地図とパスポート

 

3.なぜ外国人は「在留資格」のことを「ビザ(VISA)」と言うのか?

 日本語が不慣れな外国人や在留資格に馴染みのない日本人にとっては、そもそも「在留資格」という用語はあまり身近なものではなく、特に外国人にとっては堅苦しく、かつ難しい用語だと思われます。

 こうした人たちにとっては、「在留資格」と同じく出入国に関連する「ビザ(VISA)」という用語の方がより身近で、しかも「在留資格」という言い方よりもスッキリしていて、かつ発音もしやすいですので、「ビザ(VISA)」という用語の方が一般的に使われていると思われます。

 

4.「ビザ(VISA)」と「在留資格」のどちらを使えばいい?

 このように、「ビザ(VISA)」と「在留資格」は明確に異なるものでした。

 ただ、実際には日本に滞在する外国人だけではなく、外国人を採用しようと考えている日本の企業の担当者でさえも、在留資格のことをビザと呼び、何の違和感もなく使用しているのが現状です。また、在留資格の審査を担当する日本の入国管理局で、「ビザの申請をしたい」「ビザの変更をしたい」「ビザの更新をしたい」などと言っても、特に問題なく通じます。

 ですので、日本ではビザと在留資格のどちらを使っても特に変わりはないかと思われますし、外国人に対して説明するときには、むしろビザと言った方がより確実に分かってくれるでしょう。

 

5.まとめ

 確かに「ビザ(VISA)」と「在留資格」は、正確には異なるものです。ただ、これらを明確に使い分けているのは、あくまでも入国管理局などの役所やその分野の専門家である行政書士・弁護士などであって、外国人などが分かりやすさを重視して使用するのであれば、正確な用語の使い分けはあまり気にせずに、ビザという一般的に浸透している用語を使っても特に困ることはなさそうです。