補助金を獲得する3つのメリット

補助金を獲得する3つのメリット補助金を獲得する3つのメリット

「補助金をもらえるものならもらっておきたい」

どの事業者もこのように考えることも少なからずあるのではないでしょうか?

ただ、漠然と「補助金がほしい」と思っているよりも、「補助金を獲得するとどのようなメリットがあるのか」をきちんと把握しておいた方が何かといいのではないかと思います。

そこで今回は、「補助金を獲得する3つのメリット」についてお伝えします。

 

1.補助金を獲得するメリットその1:補助金は返済不要

まず1つめのメリットですが、なんといっても補助金は「返済不要」だということです。

これは本当に大きいと思います。

通常事業者は、創業時には例えば地元の信用金庫や日本政策金融公庫などから「創業融資」を受けることを検討するかと思います。

また、事業を進めていく中で、設備資金や運転資金などの調達が必要になったときにも金融機関に対して融資を申し込むこともあるでしょう。

もちろん融資も立派な資金調達のための一つの手段であり、自社の状況を見て適宜融資の申込を検討する必要が出てくることもあると思います。

ただ、融資の場合は当然将来的には返済しなければなりません。

返済する必要がある以上、融資を申し込む段階で自社に一定程度の自己資金がなければなりませんし、場合によっては人的保証または物的保証といった担保の設定をしなければならないこともあるでしょう。

しかも、融資の場合は当然金利が発生しますので、返済に苦労する事業者も出てくるかと思います。

一方で、補助金は「返済不要」です。

一定金額をもらえるお金です。

もちろん、補助金は採択された直後にすぐに振り込まれることはまれでして、原則後払い(精算払い)ではあるのですが、それでも担保や金利などを気にしなくてもよい補助金には大きなメリットがあるかと思います。

 

2.補助金を獲得するメリットその2:今後の資金調達で有利になる

補助金を獲得するメリットの2つめは、「今後の資金調達で有利になる」ということです。

会社の創業時に補助金を獲得した事業者でも、今後様々な事業を展開していくにあたって、再度補助金の活用を検討したり、必要に応じて融資を受けることを検討したりする場面も出てくるかと思います。

そんなときに、過去に「○○補助金に採択されたことがある」という実績は、今後新たに補助金や融資を受ける場合に有利に働くことがあります。

なぜなら、一度補助金に採択された経験があるということは、すなわち「自社の事業内容に対して国や自治体などからお墨付きを得た」ということだからです。

補助金は宝くじではありません。ランダムに選ばれた事業者に対して補助金が出るということは一切なく、補助金を獲得するためには必ずと言っていいほど国や自治体などの厳密な審査があります。

その厳密な審査を通過し、見事に採択された事業者であれば、今後また新たな補助金や融資などを受ける際に金融機関等からの評価も大なり小なり上がるでしょう。

一度補助金に採択された事業者が、別の機会に二度三度と補助金を獲得したり、自社にとって大変有利な条件で融資を受けることができたりするという話はよく耳にします。

 

3.補助金を獲得するメリットその3:自社の棚卸ができる

補助金を獲得するメリットの3つめですが、「自社の棚卸ができる」ということです。

先ほどもお伝えしましたが、補助金は宝くじではありません。

補助金を獲得するためには、必ずと言っていいほど経営計画書や事業計画書などを作成しなければならず、その際に自社の過去の経営状況を振り返り、自社の現在の経営課題を洗い出し、自社の将来の事業計画を綿密に練る必要があります。

また、経営計画書や事業計画書などを作成するためには、自社についてSWOT分析をしたり、競合他社の存在を再認識して差別化できる点は何なのかを再度検討したりすることも必要かと思いますので、とにかく改めて自社の棚卸をする絶好の機会になるでしょう。

普段から自社で頻繁に事業計画などを見直しているのであればいいのですが、どうしても日々の業務に追われて、補助金の獲得を検討する機会などがないとなかなか自社の事業計画を真剣になって考える機会はないのではないでしょうか?

 

4.まとめ

補助金を獲得する3つのメリットをお伝えしましたが、それら以外にもメリットはまだまだたくさんあると思います。

自社の事業を軌道に乗せて安定的な売上を確保するためには、どうしてもそれなりの資金が必要です。

自社の資金調達のための有効な手段の一つとして、補助金の獲得を検討してみることをおすすめします。