外国人技能実習生と結婚し、引き続き日本へ滞在できるか?

技能実習ビザから結婚ビザへの変更

外国人技能実習生が実習期間中に、日本人と結婚をし、結婚ビザを取得できるのか?

結論から申し上げると、結婚は可能ですが、結婚ビザの取得は難しいでしょう。

技能実習ビザは、日本で技術・技能を学び、母国に帰り、その技術・技能を母国の発展に活かしてもらう目的で作られたビザです。「実習修了」+「帰国」が前提条件のため、基本的に実習期間中に他のビザへ変更することはできません。

ただし、技能実習生の妻が、妊娠していたり出産する等のケースでは、結婚ビザが取得できる可能性があります。

また、技能実習生は、監理団体等との契約で実習期間中の結婚が禁止されていることがあります。監理団体等に内緒で、結婚自体はできます。しかし、おすすめはできません。監理団体等との契約違反となりますし、結婚ビザ手続きにも影響するからです。

もし、技能実習修了までの期間が短いのであれば、技能実習終了後に一旦母国に帰り、結婚ビザで呼び寄せる形で手続きを進めた方が良いでしょう。

法律上結婚できても結婚ビザは取れない?

法律上は結婚しているが結婚ビザを取得できないという方はめずらしくありません。

なぜかというと、偽装結婚をして結婚ビザを取得するケースがあるためです。結婚ビザを取得すれば日本に滞在しながら日本人と同じように働くことができるため偽装結婚が横行していると言えます。

そのようなことから、入管は結婚ビザに対し、結婚の実態があるのかを厳しく審査します。

それと、外国人配偶者側にも問題があり結婚ビザを取得できないケースがあります。それは、外国人の過去の在留状況が悪い場合です。

例えば、

  • 技能実習先から逃げてオーバーステイとなっている
  • 過去入管に提出した書類に嘘を書いた
  • 犯罪歴がある
  • 覚せい剤等を使用していた
  • 不法就労をしていた

上記のような事情がある場合は、結婚前に結婚ビザ申請を取り扱う行政書士事務所などの専門家に相談した方が良いでしょう。

結婚できたが、結婚ビザが取得できず日本で一緒に暮らせないとなっては今後の夫婦関係にも影響がでてしまいます。