合名・合資・合同会社の違いは?英語表記、略語はなに?

現在、新規で設立できる会社は4種類になります。

まずは一番知名度の高い「株式会社」。株式会社は昔からあり、一番馴染みがあります。

その他は「合名会社」「合資会社」「合同会社」となります。読みかたは「ごうめいがいしゃ」「ごうしがいしゃ」「ごうどうがいしゃ」となります。

「有限会社」というのもありますが、現在は新しく有限会社を設立することはできません。これは、平成18年に会社法できた関係で、有限会社を設立できなくなりました。現在もある有限会社は、会社法ができる前に設立した会社となります。

それでは、合名・合資・合同会社の違いについて説明します。一番の違いは、出資者が、「有限責任」か「無限責任」かとなります。出資者とは、株式会社で言えば株主となり、会社にお金を投資した人となります。出資者の負う責任とは、わかりやすく言うと、会社が潰れたときに、会社の借金をいくらまで返済するのかということです。

  • 合名会社:無限責任のみ
  • 合資会社:無限責任+有限責任
  • 合同会社:有限責任のみ
  • 株式会社:有限責任のみ

それでは会社が倒産してが、銀行の借金が残っているとしましょう。

有限責任の場合、出資した範囲内で借金を返済するため、出資者は個人資産での返済をしなくていいことになります。出資したお金は戻ってこないだけとなります。

無限責任の場合、出資した額に関係なく、出資者は個人資産等で返済する責任を負います。出資金の範囲を超えて返済しなければならず、個人事業形態に近いと言えます。

その他、合名・合資・合同会社の違いについてみてみましょう。表にまとめると次のようになります。株式会社と比較するとわかりやすいです。

合名会社合資会社合同会社株式会社
知名度××
必要な株主・社員数1人以上2人以上1人以上1人以上
出資者の名称社員社員社員株主
出資者が負う責任無限有限+無限有限有限(出資の範囲内)

設立の法定費用
(証明書交付手数料除く)

登録免許税6万円
定款印紙4万円
登録免許税6万円
定款印紙4万円
登録免許税6万円
定款印紙4万円
登録免許税15万円
定款認証5万円
定款印紙4万円
最高意思決定機関社員総会社員総会社員総会株主総会
経営の主体業務執行社員業務執行社員業務執行社員取締役
代表者の役職代表社員代表社員代表社員代表取締役
株式会社への組織変更
決算公告義務
(公表する義務)

×

×

×

英語表記

General Partnership Company

Limited Partnership Company

Limited Liability Company

Stock Company

略語

(資)、(シ)

(名)、(メ)

(同、(ド)

(株)、(カ)

特徴

出資者が負う責任が無限のため、個人事業に近い。

新しく会社法ができ、資本金要件の緩和や、合同会社ができたため、現在、合資会社を利用するメリットは無いと言ってよい。

設立費用が安く、法人格を得られる。株式会社と違い出資比率に関係なく利益配分ができる。
年々設立件数が増加している。

多くの出資を集めるのに最適。
資本金の要件(1000万円以上)が無くなった。
1人で代表取締役、資本金1円でも設立が可能。

合同会社は、設立が簡単であり、法定費用も少ない、利益配分などのルールも自由に決められることから、株式会社の次に人気の会社形態です。

設立の数はというと、2018年7月人の単体法人数は次の通りです。(国税庁平成29年度 会社標本調査より抜粋)

会社形態法人数
株式会社2,523,470 社
合名会社3,813 社
合資会社16,109 社
合同会社82,745 社

株式会社が圧倒的に多いです。それと、合同会社も8万社以上あるので、決して少なくありません。アップルジャパン、アアゾンジャパン、西友は実は合同会社形態となります。合同会社は今後も増えていくことが予想されます。

まとめ

合同会社、合資会社、合同会社は、出資者の有限・無限責任者がいるかで判断します。

現在は、株式会社の資本金1000万円以上の要件は無くなり、昔のように合資会社を選択するメリットはなくなったと言えます。

株式会社と合同会社の設立の2択が実情となっています。