在留資格(ビザ)申請をインターネット申請(電子申請)するためには

2019年3月29日から在留申請のオンライン手続きの利用申請が開始されました。 在留申請オンラインシステムを利用するためには、利用申出を行い、承認を受ける必要があります。 この記事では、これからオンラインシステム利用申出手続きについて紹介します。 オンラ…

外国人技能実習生と結婚し、引き続き日本へ滞在できるか?

技能実習ビザから結婚ビザへの変更 外国人技能実習生が実習期間中に、日本人と結婚をし、結婚ビザを取得できるのか? 結論から申し上げると、結婚は可能ですが、結婚ビザの取得は難しいでしょう。 技能実習ビザは、日本で技術・技能を学び、母国に帰り、その技術・技能を母国…

外国人の雇用とは

外国人の雇用とは 外国人の雇用について説明します。 「外国人」とは、入管法(出入国管理及び難民認定法)で日本国籍を有しない人とされています。 つまり、外国人の雇用とは、日本国籍を有しない人を雇用するということになります。 外国人を雇用するための手続き 外…

オーバーステイでビザが無い外国人と国際結婚できるか-在留特別許可

日本人女性からの質問 外国人の彼と2年間お付き合いしています。 彼は留学生として日本語学校を卒業したのですが、金銭的事情で大学に進学することができませんでした。そのため、ビザ(在留資格)の更新申請ができず、現在オーバーステイになっています。 私はオーバーステ…

特定技能1号ビザ-手続きの流れ

特定技能1号外国人を外国から呼び寄せる手続き ①技能試験と日本語試験に合格 各分野ごとの技能試験と日本語試験に合格します。 日本語試験は、日本語能力検定N4合格者は日本語試験が免除されます。 技能実習2号を修了した外国人は、技能試験と日本語試験の両方が免除…

外国にいる家族を呼び寄せる短期ビザ(親族訪問)

外国にいる家族を90日以内の短期間日本に呼び寄せるには、短期滞在(親族訪問)ビザを取得しなければなりません。 このページでは、短期滞在(親族訪問)ビザの取得について説明します。 1.短期滞在ビザの取得が必要な国 短期滞在ビザとは、観光、商用(ビジネス)、知人…

外国人の在留資格(ビザ)取り消し事由とその対策

外国人の在留資格は、虚偽申請、日本人と離婚後6か月経過、住所不届出などの理由により取り消される可能性があります。 このページでは在留資格が取り消される事由と、取消事由に該当した場合の対策について説明します。 1.在留資格の取消制度 在留資格の取消制度とは、入…

製造業で働ける外国人のビザと職務内容を紹介

外国人が日本で働く場合、就労可能なビザ(在留資格)を取得していなければなりません。 就労可能なビザにはたくさんの種類があり、ビザの種類により担当できる職務内容が変わってきます。 この記事では、外国人が製造業で働くことができるビザや職務内容について紹介します。 …

トップ画像トップ画像

外国人の就労ビザ-技術と技能の違い-

 外国人が日本で働くための在留資格、通称「就労ビザ(ワークビザ)」の中には、「技術・人文知識・国際業務」と「技能」というビザがそれぞれあります。  この「技術・人文知識・国際業務」の中の「技術」と「技能」は、日本語的には同じような意味のものに思えるかもしれません…