Pick Upピックアップ

News Posts

「特定技能」ビルクリーニングの受入可能な人材と職務内容について

平成30年12月出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、新たな在留資格「特定技能」が新設されました。 特定技能外国人の受け入れ可能な業界は、ビルクリーニング、宿泊、介護、建設、外食、農業などとなっております。 ビルクリーニング分野では受入れ開始から5年間…

「特定技能」建設分野における受入れ可能な人材と職務内容について

平成30年12月出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、新たな在留資格「特定技能」が新設されました。 特定技能外国人の受け入れ可能な業界は、建設、介護、外食、農業などとなっております。 建設分野では2019年から5年間で最大4万人の特定技能外国人材を受け…

「特定技能」宿泊分野における受入れ可能な人材と職務内容について

平成30年12月出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、新たな在留資格「特定技能」が新設されました。 特定技能外国人の受け入れ可能な業界は、宿泊、介護、建設、外食、農業などとなっております。 宿泊分野では2019年から5年間で最大2万2千人の特定技能外国…

「特定技能」外食分野における受入れ可能な人材と職務内容について

平成30年12月出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、新たな在留資格「特定技能」が新設されました。 特定技能外国人の受け入れ可能な業界は、介護、建設、外食、農業などとなっております。 外食分野では2019年から5年間で最大5万3千人の特定技能外国人材を…

「特定技能」介護分野における受入れ可能な人材と職務内容について

平成30年12月出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、新たな在留資格「特定技能」が新設されました。 特定技能外国人の受け入れ可能な業界は、介護、建設、外食、農業などとなっております。 介護分野では2019年から5年間で最大6万人の特定技能外国人材を受け…

外国にいる家族を呼び寄せる短期ビザ(親族訪問)

外国にいる家族を90日以内の短期間日本に呼び寄せるには、短期滞在(親族訪問)ビザを取得しなければなりません。 このページでは、短期滞在(親族訪問)ビザの取得について説明します。 1.短期滞在ビザの取得が必要な国 短期滞在ビザとは、観光、商用(ビジネス)、知人…

外国人の在留資格(ビザ)取り消し事由とその対策

外国人の在留資格は、虚偽申請、日本人と離婚後6か月経過、住所不届出などの理由により取り消される可能性があります。 このページでは在留資格が取り消される事由と、取消事由に該当した場合の対策について説明します。 1.在留資格の取消制度 在留資格の取消制度とは、入…

製造業で働ける外国人のビザと職務内容を紹介

外国人が日本で働く場合、就労可能なビザ(在留資格)を取得していなければなりません。 就労可能なビザにはたくさんの種類があり、ビザの種類により担当できる職務内容が変わってきます。 この記事では、外国人が製造業で働くことができるビザや職務内容について紹介します。 …

トップ画像トップ画像

外国人の就労ビザ-技術と技能の違い-

 外国人が日本で働くための在留資格、通称「就労ビザ(ワークビザ)」の中には、「技術・人文知識・国際業務」と「技能」というビザがそれぞれあります。  この「技術・人文知識・国際業務」の中の「技術」と「技能」は、日本語的には同じような意味のものに思えるかもしれません…

記事一覧